profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

質問回答

JUGEMテーマ:大学受験

 

【参考書】

 中経出版 漆原晃の物理解法研究(旧究める物理)

【質問するページ・行・問題番号】

 23講と24講に関する質問

【質問内容】

 コンデンサーから流出入する電流を求める際に、1秒あたりの電気量の変化を見るために微分しますが、いつも流出入によって変わる符号(23講で言えば減少量を起点にして絶対値をとるときのような操作をしてるが、24講で言えば増加量を起点としてcosの微分によって生まれたマイナスをそのままにしてたり等)によく迷います。磁束の変化から電位を求める時のように、まず大きさだけを求めて、その後磁束の変化を妨げる方向に働く、と言ったように電流を求める際の大きさと向きを別個に考える方法はありませんか?

 

 

回答

 

そういう方法もありますが、誘導起電力のときのようなメリットはないと思います。

コンデンサーの電流の向きとコンデンサーの電気の符号が明確に与えられていることが多いので、それに従って、

I=dq/dt

I=dq/dt

を判断してあとは機械的に解くという方法がやはり能率的です。

 

一方、電磁誘導では磁束の正の向きの定義をあいまいにしている出題例が多く、まずは現象を押さえ何が起こっているのかを明確にし、起電力の向きを確保してから、その起電力の大きさを求めるやり方が、現実的であると思われます。