profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

参考書質問回答

JUGEMテーマ:大学受験

 

【参考書】

 中経出版 漆原晃の基礎物理・物理が面白いほどわかる本[力学・熱力学編]

【質問するページ・行・問題番号】

 165ページのPOINT3

【質問内容】

 で摩擦熱がなければ力学的エネルギー保存則で終了と書いてありますが、もし重力・弾性力以外の仕事があれば仕事とエネルギーの関係を使わないといけないのではないでしょうか?

 

回答

おっしゃるとおりです。

張力や、手の力が仕事をすれば、その分力学的エネルギーが変化をします。よって、

摩擦熱がなく、重力・弾性力以外の仕事がない(又は打ち消し合う)ときのみ力学的エネルギーは保存します。

ですから、このマニュアルは、明らかに手や糸で引っ張られているような状況(明らかに仕事とエネルギーの関係を使うことが分かっている)は含んでいません。

誠に申し訳ございませんが、それ以外の、主に2物体が絡み合って運動し、エネルギーと運動量の判定に迷うような状況を想定しております。