profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

参考書の質問回答

 

漆原晃ホームページの「参考書の質問フォーム」経由で、参考書の質問がありましたので回答を致します

 

【参考書】

 中経出版 漆原晃の基礎物理・物理が面白いほどわかる本[力学・熱力学編]

【質問するページ・行・問題番号】

 p61~p63 チェック問題△硫鮴

【質問内容】

 (2)の解説についてです。

下から4行目でい亮阿らa2の答え(μg)を出していますが、(1)と同様のやり方で+いらa2=F2/M+mと解答してしまったら不正解なのでしょうか?

 

【回答】

未知の量を使って解答は書けません。

未知の量とは問題の中で問われている物理量、および自分で勝手に仮定した量です。

(2)で問われているものはa2F2です。よって、F2は未知の量です。

未知の量F2を使って答えてはいけないので、a2=F2/M+mと解答用紙に書くことはできません。

(1)ではF1は問われておらず既知の量としていいので、答えの中に入れることが出来ます。

 

このように書くことはできないだろうか、という問題意識は大切ですので大切にして下さい。

 

JUGEMテーマ:大学受験